設計・予算費用 コンサルタントサービスの進め方

調査・診断の結果を基に、有効な修繕計画を設定します

施工業者からのプラン・見積りが提出されてから大規模修繕工事の計画を検討するのでは、見積り金額に目を奪われてしまい、本当によい修繕計画を見極めるのが難しくなります。そこで太陽でそのままでも工事が行える「モデルプラン(修繕計画・工事予算書)」を作成します。「モデルプラン」によって計画内容と予算の基準を明確にすることで、同時に管理組合のみなさまの「よいプラン」を見定める目を養うこともめざします。

●改修設計

改修設計調査・診断結果を元に、費用対効果に優れた改修設計を行います。劣化の顕著な部分には十分な策を講じ、あまり傷んでいない部分には軽く手当てすることで、建物全体の劣化速度を均一化させる処置をご提案するのが、太陽の進め方の特長のひとつ。設計内容は「修繕計画仕様書」という成果物になります。

●積算

積算調査・診断結果と竣工図書を元に、修繕部位ごとの数量を算出します。ただし、不具合部の補修数量については、調査・診断結果を元にした「推定数量」とします。

●工事予算書

改修設計と積算から、各々の工事項目の単価を設定し、工事予算を算出します。すべての修繕内容を網羅した「総合プラン」と、最低限行うべき「必修プラン」。太陽では必ず2つのプランをご提示し、比較検討していただきながら、管理組合さまのご要望に沿うプランづくりを行っています。

●成果物

太陽では、「修繕工事仕様書」「工事予算書」の他に、各工事の目的・特性などをまとめた「工事内容補助資料」、お客さまにとくにご理解いただきたい内容を写真入りでまとめた「施工イメージ」を作成します。これらすべてが成果物です。

●工事内容・工法選定協議

「モデルプラン(修繕計画・工事予算書)」の内容を基礎資料として、工事内容や費用をご説明し、最終的な工事内容を絞り込みます。ペーパーの資料をお配りするだけでなく、スクリーンなどを用いて、理解していただきやすい環境をご提供し、スムーズな協議の進め方ができるように配慮します。

Step.3 合意形成補助